sábado, 13 de febrero de 2016

恐怖の砂時計のミニ短編小説

砂時計ツアー、天井からの影。指をシミュレートする薄いフォームは、這い、愛撫し、理由をフリーズする氷の舌として私たちの心に到達する音を発する。
Publicar un comentario

Popular Posts

Like us on Facebook

Flickr Images